オススメ参考書4選|高専生の為の大学編入対策

目次

大学編入の為の参考書をご紹介!

こちらの記事は、本気で大学編入を考えている高専生の為に執筆しております。

本気で編入を考えていない方には参考にならないと思いますので、ご了承ください。

現在、大学編入を考えており、かつ大学編入についての勉強をしている高専生は困っているのではないでしょうか?

それはなぜかというと、以下の理由があるはずです。

大学編入を考えている高専生が直面する悩み

・周りに参考とする事例が少なすぎるため、何を対策して良いかわからない
・大学編入試験についての情報がネットに出回っていない
・いくつかの大学に編入を考えているため、勉強する科目が定まらない

その通りで、一般の大学受験とは違い、高専生の大学編入に関する情報は少なすぎるのが実態なのです。

大学によって、または学科によって編入試験科目は異なるため、何を勉強すれば良いかわかりませんよね。

ただ一つ言えることとしては、共通科目はほぼどこの大学でも出題されるということです。

主な科目で言うと、数学・英語です。

どの大学の編入試験を受けるか決まっていない学生も、とりあえず数学と英語の勉強はしておくべきです。

そこで今回は数学の成績を、大学編入の合格ラインまで持っていくための参考書のご紹介です。

これだけはやっておけ!大学編入のための参考書4選

高専生の編入に必須なのは数学の勉強です。

これから大学編入試験を受験する上で、「これだけやっておけば大学編入の数学は問題ない!」と言える数学の参考書をご紹介させていただきます。

編入数学徹底研究 入試問題による徹底演習 /桜井基晴

問題と解答が、しっかりと演習形式でわかりやすく解説されているため、大学編入の対策をする上での一冊目の参考書としてはとてもわかりやすく便利です。

この参考書さえしっかりと理解しておけば、旧帝大以外の数学はある程度の点数が取れると思います。

編入数学過去問特訓 入試問題による徹底演習 /桜井基晴

コチラの参考書は、上記の“編入数学徹底研究 入試問題による徹底演習”を解き終えた方にオススメしたい参考書です。

旧帝大を目指す方なら必ず目を通しておいたほうが良い参考書です。

問題が難易度別に出題されているので、自分の実力がはっきりするため、とても勉強がしやすいです。

大学編入試験問題数学/徹底演習第3版 /林義実

大学編入に関する基礎的な知識・問題と、それに関する詳しい解説が載っている参考書です。

数学が苦手な方や、しっかりと基礎から学習し直したいという方にオススメの一冊になっています。

編入の微分積分 徹底研究 基本事項の整理と問題演習 大学編入試験対策 /桜井基晴

大学編入の際にどうしても躓いてしまう科目といえば”微分・積分”ですよね。

この参考書は微分・積分に特化しています。

線形代数などに比べて出題頻度の高い微分・積分を徹底的に勉強したいという方向けの参考書です。

基礎から応用まで幅広く解説している為、非常にわかりやすいです。

まとめ

大学編入試験には必要不可欠な数学を、どこまで自分のものにできるかが勝負です。

苦手意識のある分野からも、一歩踏み出して勉強をしてみましょう。

まずは勇気を出して参考書を手に取るところからがスタートですね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる