【編入希望者必見】大学編入にオススメする参考書5選

この記事を書いた人
Uすけブログ
  • Uすけブログ
  • 1996年生まれ 現在25歳
  • 国立高専→千葉大学
  • 趣味は音楽鑑賞、ブログ執筆
  • 座右の銘は「二兎追い、二兎得る」

Twitter

YouTube

目次

高専からの大学編入にオススメしたい参考書

高専から大学に編入を考えているそこのあなた!

実はどの参考書を利用すれば効率よく勉強が出来るのか悩んでいる高専生がほとんどなんです。

高専で学んでいる際に使っている教科書や問題集をやればいいんじゃない?」

「過去問だけ沢山解いておけば大丈夫でしょ!」

たしかに教科書や参考書を読み込むことはかなり重要です。

さらに過去問を解くことで合格率は格段に上がります、、、!!

それでもまだ編入試験に不安が残る方が過半数を占めるのではないでしょうか?

そこで今回は高専から国立大学に編入する際にオススメの参考書を紹介していきます!

しかし学科ごとに全て紹介することはできません。

なぜならこのブログでは私やその周りの方の実体験や、意見を参考に書いているので、自分の高専にある学科のことしか書けないからです。

利用した実績の無いことを書いてしまっては、ただ参考書のPRをしているだけになってしまいます。

そこで今回はどの学科でも基本的に理系の学部に編入する方には必要となってくる数学と英語の参考書に絞ってご紹介していきます!

自分の年代の方や先輩、後輩含め様々な方の意見を聞いた実体験のもと述べていきます!

大学編入を希望している学生なら、高専・大学から問わず参考になると思いますので、是非読んでみてください!

オススメしたい数学の参考書

①数学/徹底演習

【送料無料】 大学編入試験問題 数学 / 徹底演習 第3版 / 林義実 【本】

価格:2,860円
(2020/12/8 20:58時点)
感想(0件)

こちらの特徴としては、問題の難易度が少し高いことです。

主に偏差値が上位の大学への編入を志望している学生にオススメしたいですね。

また、多くの問題が掲載されているため、量を解いて力を身につけていくタイプの学生にはもってこいとなっております。

②編入数学過去問特訓

【送料無料】 編入数学過去問特訓 入試問題による徹底演習 大学編入試験対策 / 桜井基晴 【本】

価格:3,080円
(2020/12/8 21:02時点)
感想(0件)

この参考書も難易度は少し高く、旧帝大を目指しているならば解けなくてはならないくらいのレベルの問題が多数掲載されています。

解説も丁寧なので分かりやすいと思います。

③編入数学徹底研究

【送料無料】 編入数学徹底研究 頻出問題と過去問題の演習 大学編入試験対策 / 桜井基晴 【本】

価格:3,080円
(2020/12/8 21:04時点)
感想(0件)

上記の参考書と比べて少し難易度は低く設定されていますので、編入を目指す際に最初の参考書として購入してみるのも良いかと思います。

こちらの参考書がある程度解けるようになってから他のものに手をつけてみるのも良いかもしれませんね。

また、自分のレベルはどの程度なのか知りたい方にもオススメしたい一冊ですね!

オススメしたい英語の参考書

まず最初に話しておきたいことは、大学編入の英語を勉強するのであれば単語をたくさん覚えることから始めるべきです!

単語がわからなければもちろん熟語を理解することも厳しくなってきます。

さらにTOEICの勉強も兼ねていますので、多くの単語を覚えることからスタートしましょう。

そんな中人気の2冊はこちらです!

①COCET 2600

理工系学生のための必修英単語2600 COCET 2600 [ 青山晶子 ]

価格:1,870円
(2020/12/8 21:11時点)
感想(0件)

理系の大学に進学したいのであればこちらの参考書がオススメです。

この単語を全て覚えれば、大学編入の試験はもちろん気付けばTOEICの点数も上がっていますよ!

②Duo 3.0

【送料無料】 Duo 3.0 / Cd基礎用 / 鈴木陽一 【本】

価格:3,080円
(2020/12/8 21:14時点)
感想(0件)

私はこの基礎用をオススメしています。つまり復讐用もあるということですので覗いてみても良いかもしれません。

しかし基礎ができていなければ元も子もありませんので注意してください。

英単語1600語と熟語1000語を収容していますので、全て覚えるのに時間はかかるかもしれませんが、覚えればかなりの英語力が身につきます!

参考書を購入するよりも塾に入ることの方がオススメ?

私は正直、自分や周りを見ていても参考書を購入するよりも塾に入ることをオススメします。

理由としてはよほど自分の学力に自信があり、参考書を自分の力だけで読み解けるのなら話は別ですが、大学編入の勉強はかなり難しいものがほとんどです。

そのため参考書を買って解説を読んだからと言って必ずしも自分の力で理解できるとは限らないからです。

それなら少し金額は上がってしまいますが、オンライン塾に入ることでしっかりと講師の言葉で自分が納得するまで解説してもらった方が数十倍の効果が期待できます。

実際に私も参考書を購入して勉強していましたが、難しすぎて内容が頭に入ってこないことも多々ありました。これは偏差値の高い大学の過去問を解いていても同じです。

そのため、塾に入ることもオススメしています。

もしも「大学編入は難しいから塾に入ろうかな?」そんな悩みがある方はコチラの記事を参考にしてみてください!自分にあった塾選びのポイントから詳しく解説しています!↓

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

参考書を利用した勉強では、解説が多い方がいい、問題が多い方がいいなど好みが一人一人大きく変わってくると思います。

それぞれの参考書の特徴を抑えながら、自分に合った参考書を見つけてみてください!

「その参考書を利用したおかげで大学編入の試験に合格しました!」

「オススメされた塾で勉強したおかげで合格できました!」

なんてコメントをいただければ嬉しいですね!

そんな報告を楽しみに待っています★

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる