【高専生必見】高専からいける大学、就職先にはどんなところがあるの

この記事を書いた人
Uすけブログ
  • Uすけブログ
  • 1996年生まれ 現在25歳
  • 国立高専→千葉大学
  • 趣味は音楽鑑賞、ブログ執筆
  • 座右の銘は「二兎追い、二兎得る」

Twitter

YouTube

「高専」という言葉にあまり馴染みがなく、そこから知りたいという方は以下のリンクを参考にしてみてください。

あわせて読みたい
高専ってなに?高校との違いは?工業高等専門学校について詳しく解説! まず、工業高等専門学校(以下、高専と略す)と高等学校(以下、高校と略す)の違いについて説明します。 高等学校に関する説明は省き、高専の特徴について述べていきます。...

高専からは主に国公立大学への編入or大企業への就職or専攻科へ入学となります。

大学に関しましては、ほとんど皆さんが名前の聞いたことのある大学だと思いますよ!

例えば、東京大学京都大学東京工業大学北海道大学東北大学筑波大学千葉大学名古屋大学大阪大学神戸大学九州大学などがトップグループですかね!もちろん書ききれませんがそのほかに頭の良い大学もたくさんあるので、興味のある方は調べてみてください!

さらに詳しく編入先の大学を知りたい方は以下のリンクをご覧ください!
大学50校をまとめました!テスト教科がわかるページまでも1クリックで飛べます!

あわせて読みたい
大学や高専から3年次編入する際の編入試験は?編入先の大学50選まとめ! 現在は大学や高専に在学中で、卒業後は他の大学への3年次編入を考えている方も多いと思います。 そこで今回、各大学ごとの編入試験にはどんな科目があるのか、募集要項...

大学に編入することについて、どんな利益があるのか気になる方はコチラ!

あわせて読みたい
高専から大学に3年次編入する際の編入先は?一覧にまとめてみた! 【3年次編入について】 現在高専に通っていて、3年次編入を考えている方は多くいらっしゃると思います。 高専を卒業してから、他の大学に3年生から編入して大学卒または...
あわせて読みたい
高専から大学には編入するべきか?どんな大学に編入できるのか? 高専から大学には編入するべきか? 高専から大学に編入するということは、高専に入学して4年間の大変で大変な学生生活を終え、残りの1年でせっかく就職率99.999%のメリ...
あわせて読みたい
【高専生必見】高専から大学に編入するメリット・デメリット 【高専から大学に編入するメリット・デメリット】 まず、高専とは何か?あまり高専という名前に馴染みのない方もいると思いますので、そんな疑問をお持ちの方はこちらを...

就職先に関しましては、ほとんどが皆さんが名前を認知している企業になると思います。私の友人も全員有名な大企業に就職しています!

みんな、いい給料もらってますよ笑

大体高専5年生以降、就職と進学(大学編入と専攻科入学)は五分五分のイメージがあります。

是非皆さんの希望の進路へ行けることを願っております。

しかし頭の良い大学、有名な大企業に行くことが必ずしも正解だとは限りません。

私がこの記事を通して伝えたいことは、

頭の良い、知名度のある大学に行くことが正解ではありませんし、もちろん良い大学に編入できたからといって良い企業に就職できるわけではありません。

ただし一つ言えること、それは

自分の努力の成果を示すことができるのは自分の今後の行動と、進路先の知名度です。

これは間違いありません。

「こんな勉強、将来使わないじゃないか」、「頭の良い大学に行ったからといって将来の就職先はそんなに変わるの?」

そう思っている方はたくさんいるはずです。

Q.「こんな勉強、将来使わないじゃないか」

A.はい、使いません。しかし学生で学べるこんな簡単な勉強もできないようでは、就職した後の仕事はできません。

勉強よりはるかに難しいので。

Q.「頭の良い大学に行ったからといって将来の就職先はそんなに変わるの?」

A.大して変わりません。しかし上位の大学に行けば行くほど意識の高い学生は多くなります、これは事実です。

そこで得られる情報、交友、生活はとても有益で有意義なものになります。

よって将来の選択肢は広くなります。

少し言い方は悪いかもしれませんが、知名度の低い大学の人が大企業に行くことは、知名度の高い大学の人が行くより大変なことは想像できますよね。

ただ、自分自身で企業することになった場合、その難易度とリスクは同等に乗り掛かってきます。

将来何をしたいかで進路を選ぶのではなく、

将来を選べる選択肢を増やす

そんな目的で進路を考えてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んでくれた方の、そんなきっかけになっていただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる