【300万円超値引】一戸建て・マンションなどお家購入の値引交渉術

この記事を書いた人
Uすけブログ
  • Uすけブログ
  • 1996年生まれ 現在25歳
  • 国立高専→千葉大学
  • 趣味は音楽鑑賞、ブログ執筆
  • 座右の銘は「二兎追い、二兎得る」

Twitter

YouTube

目次

【元不動産営業マンが教える】一戸建て・マンション購入の際の最強の値段交渉術

お家購入の際にあなたが一番重視していることはなんですか?

もちろん気に入った外装・内装、立地、環境などたくさんの意見が行き交うと思いますが、その中で全員に共通することは「どれだけ安く購入できるか」ですね?

全く同じ物件が2つあって価格がそれぞれ異なっているとすれば、間違いなく安い方を購入すると思います。

そこで今回は同じ物件をどれだけ安く購入できるか、すなわち値引き交渉の術をお教えしていきます。

私は元々不動産営業をやっていましたのでどんな方法で安く購入できるかというのは熟知しているつもりです。

今回は不動産業をやっていた身からして、安くせざるを得ない値引き交渉のコツを詳しく解説していきます。

このブログを読んであなたは1円でも安く気に入ったお家を購入してください。

どのように値引き交渉を行えばいいのか?

それでは早速値引き交渉に使える素材を紹介していきます。

①仲介手数料

まず一番値引きできるとすれば仲介手数料です。

仲介不動産を利用する場合、どうしても仲介手数料というお金が発生してきます。

この金額はコチラです。

仲介手数料

{物件の金額(建物代 * tax + 土地代) * 3% + 6万円} * tax

この式で導き出される金額が仲介手数料です。

つまり3000万円(建物代 * tax + 土地代)の物件を購入するとすると96万円。

2000万円で64万円。

1000万円で32万円かかってくるというわけです。

仲介不動産業者はこのお金を資金として会社経営を行っておりますので、仲介手数料は営業マンへのお礼の金額とも言えますが、金銭面の話だけするのならば削りたいですよね。

ではどうしたら仲介手数料は削れるのでしょうか?

答えは二つあります。

①お世話になった仲介不動産業者に「仲介手数料を減らして」と交渉する。

②仲介不動産業者を介さずに物件を購入する。

ここからが重要な部分です。

①お世話になった仲介不動産に「仲介手数料を減らして」と交渉する。

わからぬ猫
こんなことしたら仲介不動産に入るお金が無くなっちゃうんじゃないの?

そう思う方も多いかと思います。

しかしそうではありません。

不動産仲介業者は以下の図のようにして収入を得ております↓

つまり厳しくはなりますが、お客様から仲介手数料を貰わなくても売主から仲介手数料をもらっています。

これは売主の企業にもよりますが、おおよそお客様からの仲介手数料とほぼ同じ金額をもらっていると理解してもらって構いません。

ですのであとはお家を購入するお客様がこれをどう思うか次第ですね。

②仲介不動産業者を介さずに物件を購入する。

これはそのままの意味です。

わからぬ猫
それじゃあ既に不動産仲介業者を介して物件を選んでいる場合には打つ手はないの?

いえ、そういうわけではありません。むしろ私個人的には最初は仲介業者を介して物件を探した方がお得だと思っています。

それはなぜかを解説していきます。

まず、売主(建物を建築して販売している業者)がなぜ仲介不動産業者へお金を払って仲介をお願いするのか?

それは売主は自分で建築している物件のみの販売が主流だからです。もちろん前者そうではありませんが、あくまで主流というわけです。

ということはそういった売主がたくさん仲介業者へ仲介をお願いしているということになります。

つまり、不動産仲介業者を介してお家探しをした方が様々な種類のお家を紹介してもらえるということです。

ここでポイントです!

ポイント

仲介業者から気になった物件の売主を聞き出せ!

気に入った物件があれば、その物件の売主を聞き出しましょう。

仲介業者の営業はもちろん嫌がりますが、「できれば名前の知れた企業からの方が安心して購入できるので〜。」などの理由をつければ教えてくれると思います。

そうしたらその売主の業者へ直接訪ねて気に入った物件を購入しましょう。

そうすれば仲介手数料は0円になりますし、売主からしても不動産仲介業者へ払う仲介手数料が0円になりますので、売主は喜んでくれますね。

まとめるとこのようになります。

簡単な流れ

①不動産仲介業者へ行って気になる物件を見つける

②仲介業者から気になった物件の売主を聞き出す

③売主の企業を訪ねて契約する

 

まさに不動産仲介潰しとも言わんばかりの方法ですが、善意が痛まないのであれば実践してみてください。

②オプション

オプションとはおうちの購入の際につける網戸やカーテンレール、雨戸やテレビアンテナなどです。

これらは大抵売主や仲介業者を決めるのと一緒に契約してしまうものですが、少し手間がかかっても良いのならば別々の業者で工事を行うことで安く済ませることができます。

また業者によって商品が異なったりデザインの好みもあると思いますので、幅広い範囲から選ぶことが可能です。

工事日程の調節などが少しめんどくさいですが、余裕のある方は実践してみてください。

③売主に直接交渉

最も単純ですが、売主に直接交渉すれば多くて200万円ほど値引きしてもらえるケースは非常に多くあります。

私の経験ですと、100万円の値引きならよほど人気のある競争率の高い物件を除いては6割くらいの確率で成功すると思います。

是非ダメ元でも良いのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

逆に値引き交渉に失敗する場合はどんな時?

値引き交渉に失敗する場合は主にまだそのお家が建てられたばかりという場合ですね。

さあすがにそのお家の売れ行きもわからない時に値下げをしてしまうのは勿体なので、売主も金額を下げません。

大体1〜2ヶ月経っても売れていない場合は値下げ交渉に応じてくれると思います。

それと、このブログを読んで少しは不動産業界に詳しくなっていると思いますので、詳しい風で営業マンとは会話した方が良いと思います。

いろいろ調べていますという空気を出した方が営業マンに出し抜かれることは減るため、自信を持ってお家選びにいきましょう。

 

以上、いかがでしたでしょうか?

お家は値引き交渉次第でかなり安く購入できます。

皆さんも自信を持って値引き交渉にチャレンジしてみてください!

お家の相場やどんな部分で価格が決まるのか知りたい方はコチラ!安く購入するための秘訣も書いてます!↓

あわせて読みたい
【元不動産屋が教える】一戸建ての価格の推移や相場の決められ方 【一戸建ての価格の推移や相場はどのように決められるの?】 「近所に二つ建て売りのお家があるんだけど、なんでこんなに値段が違うんだろう?」 「どうせ建物や土地の...

一戸建ての家選びのポイントをさらに詳しく知りたい方はコチラ↓

あわせて読みたい
【元不動産のトップ営業マンが教える】一戸建ての家選びのポイント 【【元不動産のトップ営業マンが教える】一戸建ての家選びのポイントは?】 元不動産仲介業の営業マンだった私が、自分の家を購入するときにポイントにしたい部分を今回...

お家を購入する際の注意点を知りたい方はコチラ↓

あわせて読みたい
不動産営業の独り言|一戸建てのお家を購入する際のポイント・注意点 【一戸建てのお家を購入する際のポイント・注意点は?】 みなさんはどんな部分を見て、「このお家は良い」、「このお家は自分には合わない」を判断していますか? お家...

一戸建てを購入する際の費用について詳しく知りたい方はコチラ↓

あわせて読みたい
元不動産営業マンが包み隠さず!一戸建てのお家を購入するときの費用 【一戸建てのお家を購入するときの費用について】 「一戸建てのお家を買う際の費用はどのくらいかかるのだろう?」 「初期費用はいくらくらい用意したらいいの?」 こん...

一戸建てとマンションどちらを購入するか迷っている方はコチラ↓

あわせて読みたい
家購入を検討なら必見|一戸建てとマンションのメリット・デメリット 【家を購入する時に役立つ!一戸建てとマンションのメリット・デメリット】 お家の購入を検討されている方の中で、一戸建てとマンションどちらが良いかという悩みを抱え...

賃貸に住み続けることも検討されている方はコチラ↓

あわせて読みたい
【最安値】学生や新卒の一人暮らし必見!賃貸を安く借りるコツ!! 不動産仲介会社に勤めていてトップ営業マンだった私が教える!「その初期費用、まだまだ安くなるよ!」という案件を紹介していきます!! 実は私は以前、大学卒業後は不...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる